あなたはプロマネになりたいですか?プロマネという仕事を本当にやりたいのか確認しましょう

エンジニアライフカタログ

ようこそ、エンジニアの世界へ!駆け出しエンジニアのための「エンジニアライフカタログ」

カテゴリ一覧

プロマネを目指すべきか?エンジニアのキャリアパス プロマネを目指すべきか?エンジニアのキャリアパス

一般的に、プログラマやSEの次のステップは、プロジェクトマネージャーになることだと思います。しかし、プロジェクトマネージャーになったら、今までやってきた仕事の内容とはまるで違うものになってしまいます。エンジニアとしてのキャリアパスを考えるときに、プロジェクトマネージャーになることを前提として考えるのではなく、プロジェクトマネージャーを目標にするべきかどうかを、考えておく必要があります。

エンジニアの悩み

前述のとおり、多くの企業ではエンジニアはプロジェクトマネージャーになっていくのが王道ですし、プロジェクトマネージャーの育成に力を入れる企業も少なくありません。IT企業でなくても、マネジメント職に就くということは、出世とイコールであると言っても過言ではないでしょう。その道を拒むということは、出世コースから外れ、社内での立場が無くなるのではないかと危惧しているエンジニアも多いことでしょう。本当にプロジェクトマネージャーの仕事がやりたいと思っている人には関係の無い話かも知れませんが、意外にも多くのエンジニアがマネジメント職を避けて、プレイヤーとして、エンジニアのままでいることを望んでいるようです。

エンジニアのままでいられるか

どんなに居づらい状況になっても、エンジニアとして、技術をとことん極めていくか、エンジニアのままでいいと言ってくれる会社に転職をするくらいしか基本的にはエンジニアのままでいられる方法はないでしょう。中には、エンジニアのままでいるためにフリーランスとして会社に縛られない仕事の仕方を選ぶ人もいるようですが、それは決して楽な道ではないでしょう。フリーエンジニアになった時点で、自分自身を含めた何もかもをマネジメントしなければならなくなるということも忘れてはいけません。

自分のキャリアパスをしっかり考える

エンジニアとしてキャリアを積んでいけば、必ずぶつかる壁となるのが、プロジェクトマネージャーの道を進むかどうかです。先の話と先延ばしをしないで、一人前のエンジニアに成長する前には考えておくようにしましょう。プロジェクトマネージャーを目指すのか、エンジニアとしてスーパープレイヤーを目指すのかによって、身に着けるスキルや極める方向性は大きく変わります。年齢を重ねてから道を変えるのは大変な労力ですし、手遅れになることもあるでしょう。あえてプロジェクトマネージャーにはならず、エンジニアとして仕事を続けていくことは、とても難しく大変なことでしょうが、それでも突き進む価値は十分にあると思います。

おすすめ記事

エンジニアライフカタログ

Copyright © 2014 エンジニアライフカタログ All Rights Reserved.