設計に時間がかかりすぎたり、1つの言語しかわからないSEがいたり。。。プロパー社員の技術レベル

エンジニアライフカタログ

ようこそ、エンジニアの世界へ!駆け出しエンジニアのための「エンジニアライフカタログ」

カテゴリ一覧

現役エンジニアから見たプロパー社員の技術力 現役エンジニアから見たプロパー社員の技術力

大手企業でなくても、下請けエンジニアとして出向することもあるでしょう。そのときに、重要になってくるのがプロパー社員の技術レベルです。技術だけではありません。下請けエンジニアは、プロパー社員によって管理されるものですので、人間性も重要でしょう。

勘違い社員

下請け企業を使うことが多い会社の社員に多く言えることが、自分の能力を勘違いしている人です。一つの言語しか触ったことがないにも関わらず、何でもわかるような知ったかぶりをしたりします。下請けのエンジニアにバカにされないようにしているのかもしれませんが、多くは見透かされます。このような社員は、理不尽なことで怒ったり、変に部分的にこだわりを見せたりと、問題行動を起こします。技術的なスキルも足りず、知識もたいしたことはないのに、プライドだけが一人前という、最悪のパターンです。言うまでもなく、その下につかされるエンジニアは、たまったものではありません。

何をしているかわからない社員

プロパー社員の役割として多いのが、プロジェクトマネージャーやシステムエンジニアといったポジションです。その仕事は主に設計書などのドキュメント作成や調整などでしょう。仕事をしっかりしている社員であれば、何らかの成果物が出されるはずですが、何も出てこないといった状況も発生するので注意が必要です。今では、現場エンジニアが詳細設計をするなど当たり前のように行われますが、先に詳細設計をさせてから基本設計を書こうとする社員もいるようです。こんな順番で設計していては、必ずやそのプロジェクトは失敗することでしょう。

企業にも責任はある

IT企業では、上流工程のほうが利益率が高く、下流になるにつれ低くなる傾向があります。つまり、クライアントとの調整と設計だけをしているほうが儲かるのです。そこで、少し規模の大きなIT企業ではシステムエンジニアを多く排出させたがります。そして、実際の開発は下請け企業に任せることがほとんどです。この構図では、技術力のあるシステムエンジニアが誕生することはないのです。やはり、ある程度プログラミング能力がないと優秀なシステムエンジニアには成長しないものです。こうして「にわかSE」が大量生産されていくのです。ちょっとした経験ですぐにシステムエンジニアに仕立てることは、企業としてもマイナスなことでもあるはずです。多少時間やコストがかかっても、実装経験を豊富に積んだ人材をシステムエンジニアにするべきだと思います。

おすすめ記事

エンジニアライフカタログ

Copyright © 2014 エンジニアライフカタログ All Rights Reserved.